12-13-fuel-01

なぜ、インジェクションチューニングをするのか?

インジェクションチューニングはハーレーをよりハーレーらしくする為の方法です、目的はアイドリング回転数を適度に下げ、ハーレー独特の鼓動感を得る、音質を良くする、ノーマル状態の過剰な発熱を抑えエンジンを守る、パワー、トルクを上げて、低速から高速まで気持ちよく走る事です、これらはマフラー交換した場合はもちろんですがフルノーマルの状態でも十分に効果を得る事が出来ます。
私達が考えるチューニング(調整)は本来の性能を引き出す為のもので、エンジンに負担をかけるものではありません、燃費に関しても運転状況によりますが悪くなる事はありません。むやみに燃料を濃くするのではなく、状況に応じた適切な燃料、適切な点火タイミングに調整する事で、効率良くパワーを発生させています。

インジェクションチューニング(ECMのデーターの書き換え/交換)をするとどうなる?

1. ハーレーらしいサウンドになる!
まずアイドリングを約800回転にします、これにより落着いたハーレーらしい感じになります、燃料、点火時期を調整するのでエンジンは綺麗に良く燃焼します、そういうエンジンは爆発音が違います。

2. パワートルクを上げます!

3. エンジンの発熱を抑える事ができ、エンジンにも優しい。ノーマルマフラーでも効果があります!
排気ガス規制によりノーマルはかなり混合気が薄い状態です、そこにマフラー、エアクリを交換すると空気は多く入り、混合気はより薄くなり発熱が凄い事になります、エンジンにも良くはありません、調整によってかなり抑える事が出来ます。

4. 燃費は悪くなりません!
調整後のパワー、トルクアップによりアクセルを無理、無駄に開けなくてもスムーズに走るからです。

5. 車検は受かります!
エキパイ、マフラーがノーマルであれば問題ありません。

6. エアークリーナーの交換を勧めます!
エンジンにより多くの空気を入れる事で馬力、トルクが上がりますので吸入抵抗の少ないエアークリーナーの交換を勧めます。

12-13-fuel-01
12-13-fuel-02

トランスファーチューニングオーダーフォーム

66-67-indian-directlink-03
66-67-indian-directlink-04


通信販売はこちら

Top