ESTRELLA SPEEDBOY バイク 2013/05/31

Kawasaki ESTRELLA SPEEDBOY

Kawasaki ESTRELLA SPEEDBOY

車種 ESTRELLA SPEEDBOY
価格 SOLD OUT 2014-11/5
商品情報 エンジン:270cc
FCRキャブレター
その他、改造箇所はこちらを見てください。

 

タンク、F、Rフェンダー中古 TOPIC ユーズド 2013/05/30

2004~2006年スポーツスター(キャブ車)用、

タンク、F,Rフェンダーセット 塗装シルバーラメ

モーターステージの展示車に取り付けてた物です

¥115,000(税別)

_MG_5557

ナップス 出張トランスファー  6月23日 浜松店 / 7月7日 前橋店 TOPIC 2013/05/30

今年は夏が早くやって来る印象ですね。

ナップスさんのおかげで僕らの休日が確実に減ってしまったいつの間にか恒例化した出張トランスファですが、今回は2店舗を巡ります。もちろん群馬県は初めてです。

事前に予約を入れておけばスムーズに作業を進められ、その日にチューニングの効果を満喫できるはずです。

パワー&トルクのアップはもちろんですが、エンジンの発熱や燃料消費すら抑えることができます。ガソリン高くなってますからね。

夏本番でエンジンがオーバーヒートしてしまう前にトランスファーしましょう!

今回もいくつか新しいデータを持って行きますので、ご期待ください。

 

ナップス浜松店 TEL053-411-1170

ナップス前橋店 TEL027-230-1189

 

 

motor

V&H ショートショット用NEWデータ完成。 TOPIC 2013/05/25

_MG_5552 _MG_5554 _MG_5555

TC96系+V&Hショートショットのデータがいよいよ煮詰まりました。 上のねじれた形の標準爆音インナーと下のオプション消音バッフル装着の2種類のデータですが、消音バッフルに入れ替えた状態のデータが当初予想していたよりも悪くなかったのが意外でした。燃料の入り具合から見て、最高出力で1~2馬力の間の微妙な差だと思われます。消音仕様の方が低速域での乗りやすさを得られ、音質も常識的なレベル(MS的にはまだまだ)に近づくので結果としては、アクセル全開でレッドゾーンまで回す方々以外は消音バッフル仕様が良いと考えました。ただ、どちらの仕様も4000rpm付近からのエンブレでアフターファイヤを完全に消しきれず、たまに出ることがありますが、”ポンッ” という程度なので気にならないレベルだと思います。

近年、EFIの車両をセッティングする手段が増えてきましたが、それと同時にリスクのある点火タイミングを煮詰めず、燃料垂れ流しセッティングでユーザーの皆さんに提供しているショップさんも増えている訳ですが、今回も燃費とパワーの両立を考え、自信を持って勧められるデータになりました。 全国のショートショットユーザーのみなさんは迷わずECMをモーターステージまで送りつけて下さい。

 

 

motor

ソフテイルCVO BREAKOUT TOPIC 2013/05/11

_MG_5507

_MG_5508

2013モデルソフテイルCVOブレイクアウトにショートショットガン+76スラッシュ、トランスファチューニングの組み合わせです。短すぎずちょうど良い感じですね。安い爆音マフラーはたくさんありますが、特別なモデルなのでこれくらいの贅沢をさせても良いのではないでしょうか。

トランスファのデータが少ない110ciソフテイルですが、今回はブラスマフラーなので完璧です。今回は標準インナー6mmですが、この排気量だと8mmくらいは欲しい感じですね。仕事で忙しいオーナ-さんですが、早く慣らし運転を終えて本領を発揮してもらいたいです。

しっかり楽しんで下さいね。

motor

V&Hショートショット データ第2弾 TOPIC 2013/05/01

_MG_5479

_MG_5495

_MG_5499

_MG_5502

性能度外視ほぼ直管で犯罪的な爆音にも関わらず人気のV&Hショートショットスタッガードですが、前回のXL系モデルに続いて”TC96系ビッグツイン”でトランスファデータを見直していきます。もちろん今のデータでも不具合はないのですが、時間を掛ければもっと煮詰める余地は残っています。大嫌いなマフラーですが、要望も多いので慎重に進めていきます。音が良くて性能も良ければ文句無しにカッコ良いマフラーなんですが…   今回もオプションのバッフル付きと標準仕様の2パターンでデータを構築していきます。ビッグラディウス2in2も同じような構造&寸法なのでデータの共有が可能だと思われます。

作業開始後、仮り付けの状態でいきなりワイドバンドAFRセンサーリア側が車体に当たってしまいました。車両はFXSTCですがマフラー側、車体側のどちらの個体差かは分かりません。今回は純正のO2センサーとワイドバンドAFRセンサーの両方を使って、最終的にO2フィードバック制御の状態変化を確認します。なのでボスを追加するついでに加工してセンサーの接触を避けました。

データ作りの方向性は今までと変わらず、”パワー&トルクを最大限に引き出す、余計な燃料は使わない” を一貫しています。

これからコンピューターチューニングを検討している方にはもちろんですが、すでにチューニング済みの方にもデータ更新用としてお勧めできると思います。

経過はまた報告します。

 

motor

 

Search

Archives


Top