2014 Twin-Cooled CVO トランスファー TOPIC 新製品 2014/08/19

2014-08-19 11.52.282014-08-19 13.30.57   早くも次の車両が陸送でやって来ました。 福井県からやって来た2014TwinーCooled ウルトラリミテッド。 現在ラインナップの中では最上級の500万円超の車両ですね。 これは初の車両ですが、いつも通り欠点を洗い出して完成度の高いデータを作ります。

以前から何度か説明していますが、トランスファーチューニングは単なる”燃調”ではありません。全回転域での点火タイミング、電子スロットル反応速度、エンジンブレーキ、燃費、などは当然ですが、スターターボタンを押した瞬間から変更&調整を加えています。

こうやって遠方のショップさんからも頼りにして頂ける事は本当に光栄です。完成をご期待ください。

 

motor

 

2014 Twin-Cooled 103ci ウルトラ トランスファー TOPIC 新製品 2014/08/19

2014-07-28 16.47.28 2014-08-18 10.54.092014-08-18 10.54.49

お客様からの依頼で、水冷のツアラーモデルのコンピューターを現車セッティング。その後、静岡県へ陸送で帰って行きました。

トランスファー前の状態ではアイドリング中や発進時にエンストが頻発する最悪な状態でした。ノーマルのセッティングがかなり厳しいものだということが伺えます。

画像ではV&H独立+モンスターオーバルですが、マフラーをモーターステージ製に変更して内部構造を数種類変えながらセッティングデータを煮詰めました。もちろん触媒付きのノーマルヘッドパイプに対しても同じ様に構造を変えながらデータを作り込みました。

一つ気になる点は、ノーマルヘッドパイプの場合だとマフラーの構造によってはエンジンブレーキ時の1800rpm辺りで一瞬 ”ゴボゴボ” というアフターファイヤの様なそうでない様なよく分からない音が発生します。気になるほどの大きな音ではありませんが、これは燃料をかなり濃くしても消えず、逆に燃料を完全にカットすると ”ポンッ” という具合に音質が高くなる傾向があり、何をやっても完全には消えませんでした。おそらく触媒が火種になって未燃焼ガスに火がついているのではと予測しているのでが...  それはさておき、とにかくセッティング後の生まれ変わったウルトラを楽しんで欲しいです。 水冷ツアラーの方々からのトランスファーのご要望をお待ちしています。

 

 

motor

 

 

夏休みは8月14日〜17日まで夏休み! TOPIC 2014/08/08

SP14価格変更 8月5日受注から TOPIC 2014/08/04

7610SP14

IKONサスペンションのSP14黒ボディー/黒スプリングの価格が変更になりました

2014年8月5日の受注分より新価格になりますのでホームページ車種リストで確認してください

Search

Archives


Top