2018年ソフテール用 マフラー 新製品 2017/10/28

2018年用ブラスマフラー発売

M-8 107ci ダイノテスト TOPIC 2017/10/28

 

データ作成の為、ミルウオーキーエイト107ciストリートボブで連日ダイノテストを行いました。

ダイノテストを繰り返すと、マフラー内部にグラスウールの無いマフラーは画像のように無惨な状態になる可能性があります。もちろん通常の依頼の場合はもっと冷却に気を使いますが、他のショップでセッティングを依頼される場合はご注意ください。

改めて数パターンのインナーサイレンサーでセッティングした結果を並べました。グラフ上の文字が見ずらいですが、スリップオンマフラーでパワー&トルクを最大限に引き出すには8mmインナーで充分だという事がわかります。

比較を見ると、これ以上排気通路を拡大しても音量が増大するだけで、吸気効率に貢献できず、実用域でのトルクが少し犠牲になっています。これはTCエンジンでも110ciまでは同じ傾向でした。

エキゾーストパイプの長さが変われば違う結果が得られるとは思いますが、まずはマフラー選びの参考になればと思います。

最後のグラフはコンピューターチューニング無しでマフラーのみ,ブラスマフラー8mmに交換した場合と、同じ仕様でチューニング後の状態での比較です。

次は114ciですね

 

motor

#ミルウオーキーエイト2018#ブラスマフラー#ミルウオーキーエイトマフラー#ミルウオーキーエイトコンピューターチューニング#モーターステージ

2018年モデル開発中 TOPIC 2017/10/04

2018年モデル向けの開発を進めています。

まずはストリートボブ用のスリップオンマフラーですが、今までのブラスマフラーが取り付けできました。

早ければ来週中にでも取り付けブラケット類の量産ができそうです。

来週中に新型ブレイクアウトが納車される予定なので、それも確認でき次第ラインナップに加わるでしょう。

各モデルのマフラーが共通化されていれば一気にラインナップがそろうのですが、そうはいかないでしょうね…

マフラー装着の次はコンピューターセッティングも進めていきます。これも来週から始められるとは思います。

当社に全てのモデルを購入できるほどの財力はないので、車両を預けてくださる方々には本当に感謝しています。

きっちりと現車セッティングをしてから車両を返却できるので、我こそはと言う方がおられましたら一度ご連絡ください。

 

motor

 

#ミルウオーキーエイト#モーターステージ#ブラスマフラー#ハーレーコンピューターチューニング

ミルウオーキーエイト TOPIC 2017/10/02

ミルウォーキーエイトFLTRUにブラスバズーカ、67エアクリーナースリット仕様、トランスファーチューニングの3つを導入して頂きました。

チューニングデータを作成していく過程で、114ciまではこの仕様で潜在出力の97~98%程度は発揮できる事をすでに確認済みです。これはノーマルヘッドパイプの触媒部分とそれ以降が太くなったことで排気抵抗が少なくなったことが影響していると予測できます。2016年までのノーマルヘッドパイプではこうはいきません。

残りの2~3%の追及や音質の変更などの目的は残っていますが、色々な手間を考えるとエキゾーストパイプを交換しない方が快適なのかもしれません。ただ、そこの追及が醍醐味なんでしょうけれど…

 

motor

Search

Archives


Top