V&Hショートショット データ第2弾TOPIC 2013/05/01

_MG_5479

_MG_5495

_MG_5499

_MG_5502

性能度外視ほぼ直管で犯罪的な爆音にも関わらず人気のV&Hショートショットスタッガードですが、前回のXL系モデルに続いて”TC96系ビッグツイン”でトランスファデータを見直していきます。もちろん今のデータでも不具合はないのですが、時間を掛ければもっと煮詰める余地は残っています。大嫌いなマフラーですが、要望も多いので慎重に進めていきます。音が良くて性能も良ければ文句無しにカッコ良いマフラーなんですが…   今回もオプションのバッフル付きと標準仕様の2パターンでデータを構築していきます。ビッグラディウス2in2も同じような構造&寸法なのでデータの共有が可能だと思われます。

作業開始後、仮り付けの状態でいきなりワイドバンドAFRセンサーリア側が車体に当たってしまいました。車両はFXSTCですがマフラー側、車体側のどちらの個体差かは分かりません。今回は純正のO2センサーとワイドバンドAFRセンサーの両方を使って、最終的にO2フィードバック制御の状態変化を確認します。なのでボスを追加するついでに加工してセンサーの接触を避けました。

データ作りの方向性は今までと変わらず、”パワー&トルクを最大限に引き出す、余計な燃料は使わない” を一貫しています。

これからコンピューターチューニングを検討している方にはもちろんですが、すでにチューニング済みの方にもデータ更新用としてお勧めできると思います。

経過はまた報告します。

 

motor

 

Search

Archives


Top