NAP’S 前橋店 出張間近ですTOPIC 2014/06/18

image

6月29日 ナップス前橋店にて出張トランスファーを実施します。予約もナップスさんで随時受け付けています。

何のためにコンピューターチューニングをするのか? ノーマルの現状で不満はないのになぜ必要なのか?という質問が減りませんが、それと同時にノーマルコンピューターのチューニングと交換タイプのコンピューター(サンダーマックス、ツインテック)との違いを質問されます。 今回はそれについて少し触れてみます。

細かく言えば、それぞれが持っている機能や調整方法に個性はありますが、チューニングの目標値や得られる出力は全く同じです。

ノーマルコンピューターより、ツインテックのほうがパワーが上がるなどと言う根拠の無い説明をしているプロショップもあるようですが、一台のバイクをチューニングするとして、ノーマルコンピューターを使った場合と、コンピューターを交換する場合とでは出力に差は出ません。

極端に言えば、TC88 EFIモデル初期のノーマルコンピューターチューニングと現在最新の交換コンピューターを比較したとしても同じです。結局は物理的な状態(エンジンの状態や装着されている吸排気系パーツ等)によって決まります。

どのコンピューターでも、”あらかじめ作られたセッティングデータを基軸にして” 温度、気圧等の自然環境の変化に対応していけますが、あらかじめ作られたセッティングデータと現実に要求されているセッティングに大きくズレが生じるような場合には、燃料自動補正機能を持つ交換タイプのコンピューターが有利です。ノーマルコンピューターでは物理的な仕様の違いによるセッティングのズレを自動補正することはできません。

ただ、そのズレを無くす為にたくさんのセッティングデータを製作しています。

インターネット上では様々な情報や見解があると思いますが、我々が経験してきた現実や考え方を説明できるチャンスだと考えています。何が正しいのかスッキリするためにも是非足を運んで下さい。

それでもし、納得のできるものだと感じてもらえた時はトランスファーチューニングを採用してください。

 

 

 

motor

Search

Archives


Top