2014 Twin-Cooled 103ci ウルトラ トランスファーTOPIC 新製品 2014/08/19

2014-07-28 16.47.28 2014-08-18 10.54.092014-08-18 10.54.49

お客様からの依頼で、水冷のツアラーモデルのコンピューターを現車セッティング。その後、静岡県へ陸送で帰って行きました。

トランスファー前の状態ではアイドリング中や発進時にエンストが頻発する最悪な状態でした。ノーマルのセッティングがかなり厳しいものだということが伺えます。

画像ではV&H独立+モンスターオーバルですが、マフラーをモーターステージ製に変更して内部構造を数種類変えながらセッティングデータを煮詰めました。もちろん触媒付きのノーマルヘッドパイプに対しても同じ様に構造を変えながらデータを作り込みました。

一つ気になる点は、ノーマルヘッドパイプの場合だとマフラーの構造によってはエンジンブレーキ時の1800rpm辺りで一瞬 ”ゴボゴボ” というアフターファイヤの様なそうでない様なよく分からない音が発生します。気になるほどの大きな音ではありませんが、これは燃料をかなり濃くしても消えず、逆に燃料を完全にカットすると ”ポンッ” という具合に音質が高くなる傾向があり、何をやっても完全には消えませんでした。おそらく触媒が火種になって未燃焼ガスに火がついているのではと予測しているのでが...  それはさておき、とにかくセッティング後の生まれ変わったウルトラを楽しんで欲しいです。 水冷ツアラーの方々からのトランスファーのご要望をお待ちしています。

 

 

motor

 

 

Search

Archives


Top