続 2021ミルウオーキーエイトモデルECMチューニングTOPIC 2021/04/16

2021FXBRSのマフラーを変更後、ECMのデータを書き換えてテストを繰り返しています。

マフラーの取り付けは2018モデルから変更は無いのですが、ソフテイルモデルは純正マフラーにセカンダリーO2センサーが追加されています。その撤去、処理もおおよそ確認が終わりました。

2021ツーリングモデルは左右のマフラーにガスケットが入る仕様になりましたが、マフラー自体の寸法は従来から変更はありませんでした。画像が無いのですが、プライマリーO2センサーはエキゾーストパイプ上に追加されているので、マフラー交換による撤去の必要は無さそうです。

ECMチューニングは毎度のことですが、問題が発生しています。新しいモデルに関してはいつも人柱的な位置に立ち、発生した不具合をテクノリサーチ社と解決しながら進めています。今回はモーターステージの新車が間に合わず、お客様のバイクを拝借しての作業です。なので、チューニングの本格的な開始はもう少しだけ先になりそうです。

テクノリサーチ正規代理店としては当然の仕事なのですが、冷や汗もののトラブルも少なくはありません。同じ機材を使っている日本のショップさんには少なからず感謝してほしいものです…

2021ソフテイル、ツーリングモデル用の受注分のマフラーに関しては、部材が揃い次第発送いたします。

 

motor

 

Search

Archives


各種クレジットカードとペイパルが使用できます
MOTORSTAGE公式サイト | MOTORSTAGE東京
Top