サイドナンバー横取り付けアダプター 新製品 2016/04/23

サイドナンバー縦用に横向けに変更KIT,
製品は黒アルマイトになります、価格は¥7,500です、4/30日から販売予定です

IMG_7929 IMG_7929

ビクトリー用 ブラス “バズーカ” 新製品 2016/04/13

IMG_7855

マフラーカバー ”ギル・スリッツ” TOPIC 新製品 2016/04/13

_MG_7849

ブラスバズーカー発売 ¥150,000(税別) 新製品 2016/01/16

DSC_4138

ブラス靴べラ 発売中 新製品 2015/12/09

真鍮、ヘアライン仕上げ ¥1,500+税

IMG_2876

IMG_2868

 

インディアン・スカウト用ファットマンマフラー試作完成!。 TOPIC 新製品 2015/08/28

_MG_7387 _MG_7390 _MG_7392

インディアン用ブラスマフラー TOPIC 新製品 2015/03/22

_MG_6960

発売開始

ラウンド/スラッシュエンド¥95,000+税

フイッシュエンド(写真)¥104,000+税

続 ゲージインタンク TOPIC 新製品 2015/03/07

20150227_155450

2015-03-07 14.54.27

取り付けて作動させてみました。スピードメーター、タコメーターが別々に付いている一部のモデルは純正アクセサリーの

コンビメーターやDakotaデジタルゲージなどに交換する必要がありますが、最近のモデルはメーターが1つなのでそれを移植するだけです。

インジケータは専用プレートを使ってバイザーの上へ移設。もちろんハンドルクランプにも固定できます。

XL1200Xでハンドルクランプを交換する際にも利用できますね。

裏からの画像ですが、トリップボタンも装着できます。裏のフタはザックリと適当に作ったので、製品化の際はもう少しピッタリしたいですね。

大きいタンクから小さいタンクへ、小さいタンクから大きいタンクへ、キャブ/EFI共にどちらのパターンも可能になる予定です。

価格は… もう少し考えますね。

 

 

motor

XL、メーター位置の見直し TOPIC 新製品 2014/12/23

2014-12-20 16.11.28

2014-12-20 16.14.36

 

モノ造りに失敗はつきものです。真ん中の穴は気にしないで下さい。

ハンドル周りの変更でメーターの行き場所が失われる場合、熱と振動にさらされるエンジンの上にマウントしたり、左側フレームに移設するというのが一般的になっていますが、メーターは目の前に無いと落ち着かない人は多いのではないでしょうか。

今回はタンク先端にマウントできるよう作り直してみました。こうすることでタンク容量のロスが最小限で、メーターの視認性もそれほど悪くありません。

この方法はピーナッツタンクはもちろん、従来からのスタンダードなXLのタンクにも転用できます。

インジケータの取り付けや、メーターを綺麗にマウントできるように思考錯誤しているのでまだ完全にお見せできる状態ではありませんが、こんなタンクいかがでしょう?

 

 

motor

 

2015 FXDL TOPIC 新製品 2014/11/29

2014-11-28 15.28.51

2014-11-28 14.15.57

2014-11-28 14.18.17

2014-11-28 14.20.51

2014-11-28 15.30.16

2014-11-28 14.20.202014-11-28 14.19.17

モーターステージに2015 LOW RIDERがやってきました。

2in1 EXパイプの集合部には触媒が内蔵されており、集合部ヒートガードのデザインには何だか違和感を感じます。触媒の影響で最大音量のインナーサイレンサーを使っても音質は平和な感じでした。

マフラーの取り付け方法と寸法はFLDと共通なのですが、車体側のマフラーマウントブラケットの外形状が少し違う為、モーターステージのFLD用マフラーステーでは車体側のブラケットに少し干渉するところがありました。若干の手直しが必要です。

車体の各部を見ていると、ライザー周辺が無駄にゴチャゴチャした構造になっており、スッキリさせるにはお金と労力が掛かりそうです。

ブレーキはフロントがWディスクになり、フロント、リア共にABSが装備されています。ツアラーモデルはABSの介入が早過ぎて逆に怖かったことがありましたが、これはどんな感じなのか興味ありですね。

ステップは従来のミッドポジションよりもバー1本分程前方へ変更されていました。ですが、シートについているお尻のサポートのおかげで体が前進するので足元の操作性は悪くありません。逆に窮屈になった印象です。

これからECMチューニングのデータ作りや排気系のパーツのバリエーションなど、たくさん働いてもらう事になりそうでうね。

 

motor

 

Search

Archives


MOTORSTAGE公式サイト | MOTORSTAGE東京
Top